税務お役立ち情報

飲食店は税理士・会計士へ依頼した方がいい?税理士の利用が必要なケースを紹介

飲食店の経営を行う上では様々な準備を必要とします。資金面においても不安が残るという人も多いのが実情です。そんな時に依頼をするとお手伝いをしてくれる税理士・会計士もいます。

また、経理を行ったことのない方にとって、経営成績や財政状態、キャッシュフローの状況が正常なのかもわからないでしょう。状況を把握して目標や計画を立てていくことが重要なのです。

税務に関しても複雑な手続きが多く、知らない方にとっては難解なことばかりと言えるでしょう。そんな時に相談できる人がいるだけで安心できますよね。

税理士や会計士は、飲食店においても会計や税務のスペシャリストとして強いサポート役となってくれるのです。

今回は飲食店の経理において、税理士や会計士へ依頼した方が良いのか?依頼が必要・不要なケースをご紹介していきます。

飲食店の経営は税理士や会計士は必須なのか

飲食店の経営は、通常多種多様な準備が必要ですので、業務を始めるまでに大変な思いをすることが想定できます。しっかり計画を立てていかなければいけません。

どのように準備していけば良いのかが分からなければ、調べながら行う必要があります。ですが、実際には事業はスピードが大切なので、多くの時間を要することで大切な機会をなくしてしまうこともあるのです。

しっかりと計画を立てて効率的な経営をしていくためには、専門家への相談が重要と言えます。そうすることで、順序立てて専門的見地からサポートをしてくれるので、迷わず順調に進めていくことが出来るようになるのです。

自分でできないこともないでしょうが、時間を大切にするために、その道の専門家への相談をすることで、利益を出していける可能性も高まります。

税理士・会計士へ依頼した方が良い場合とメリット

依頼しなくても良いケースとしては、自分ですべて出来てしまう自信のある方でしょう。ですが、実際にはそのような場合においても客観的な視点で考察してもらうことが大切ですので、できれば依頼した方が良いと言えます。

相談・依頼することが効率的な経営を行っていくために重要なのです。以下では、特に依頼した方が良いケースと得られるメリットについてご紹介していきます。

依頼をした方が良いケース

飲食店の経営には多額の資金を必要とするので資金調達が大切ですが、一般的には資金調達先や方法などを知らないことも多いです。専門家に教えて貰いながら進めていくことが大切と言えるでしょう。

開業後は、会計の知識を利用して会計帳簿を作成します。財務情報を把握し計画して戦略を立てるためにも、会計はとても大切なのです。会計に関する知識がなければ、経営を行っていくことが出来ないと言えます。

他に税務に関しても、申請書の作成や申告など、複雑な税務に関する知識が必要です。さらにこれらは改正などもあるため、日々勉強を怠ることなく学んでいかなければならないのです。

経営に関して自分ですべて行いたい場合を除き、専門家に依頼することで経営全般に関して相談したりすることで、安心した経営をしていけることが考えられるでしょう。

得られるメリット

開業をすると税務署や県税事務所等へ『開業届』を提出しなければならず、これを代行してくれます。資金調達を行う際には、緻密に練られた事業計画があるのとないのでは信頼性が変わってくるので、正確な作成をサポートしてもらえるととても有用なのです。

また、事業を行うにあたっては会計の情報がとても大切と言えるでしょう。そのため、正確な会計処理を日々行いながら、適正な金額を計算していく必要があります。そうして比率などを計算して、競業他社と比較を行い計画を立てることで、改善を加えていくことが可能になるのです。

会計においても、改善していくことで、より良くしていくという意識が大切と言えます。税理士や会計士に依頼すれば監査を行ってもらいながら、より良い会計の状態を目指して、科学的な会計を行っていくことができるようになるのです。

また、税務に関しても申告漏れがないようにサポートを受けながら、申告をすることも可能になります。

会計や税務に関する知識は多岐に渡り、全体を把握することが難しいと言えるでしょう。自分に適用できる知識が分かれば良いのですが、会計や税務は専門性が強く全体を理解していないとその部分が理解できないことも多いのです。

全体を把握している税理士や会計士に依頼を行うことで、自分に必要な会計や税務に関する知識を教えて貰うことが出来ます。また、改正があった場合などには、その情報と会計処理方法なども日々研鑽している税理士や会計士が分かりやすく説明してくれるのです。

他にも余裕があれば、顧問先に良好な経営を行っていけるよう、保険の提案や事業の改善策などを提供してくれることもあり、多角的なサービスを受けることが出来ると言えるでしょう。

飲食店のみならず「監査業務」や「税務業務」を依頼したい場合に活用しよう

会計士と税理士にはそれぞれ独占業務と呼ばれるものがあります。その資格を保有している者のみ行うことが出来る業務であり、無資格者は行ってはいけない決まりになっています。

会計士は監査が、税理士は税務(税務の代理・税務書類の作成・税務相談)が独占業務です。また、会計士は税理士に登録することで税務を行うことが出来るのです。

飲食店に限らず監査により、社会的に会計のスペシャリストと言われる人が適正と判断することで、社会的信頼性が違います。税務に関しても、順序立てて行うことが出来るので、安心して行っていくことが可能になるのです。

飲食店の経営に関わらず監査や税務を行う場合には、積極的に活用していきましょう。

まとめ

今回は飲食店の経理において、税理士や会計士へ依頼した方が良いのか?依頼が必要・不要なケースについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

飲食店の経営は、開業資金が比較的多くかかります。ですから、開業時の税務署や県税事務所等への『開業届』の提出のみならず、資金調達の際における事業計画を一緒に行ってくれるところもあるのです。

また、開業後は会計を行っていかなければならず、適正に会計処理を行っていくことで、財務情報を把握できるだけでなく、競業他社との比較を行い、目標・計画を行っていくことが出来ます。

税務は複雑かつ多岐に渡るので、自分で行うのは至難の業と言えるでしょう。そんな時に、日々研鑽をしている税理士や会計士とともに行っていくことで、『申請書』の作成や申告を漏れなく行うことが可能です。

また自分に関係のある改正があれば、その内容と会計処理方法を教えて貰えるので、心配することなく安心して事業に専念することが出来ると言えます。

会計士は監査が、税理士は税務(税務の代理・税務書類の作成・税務相談)が独占業務です。飲食店の経営のみならずそれぞれ会計士や税理士に積極的に依頼していきましょう。

飲食店においては、日々売上や仕入などが変わってくるので、分析・計画がとても大切です。数字の視点から専門的に行うことで新たな改善策を模索して、良好な経営をしていくことも出来ます。

自分で学ばなくて良いわけではありませんが、会計士や税理士に依頼することで、効率的に必要な知識を得ることが出来ます。また、安心して事業に専念できるというのが、経営をより良いものとする上で鍵を握ると言っても過言ではないでしょう。

今回ご紹介した情報が、飲食店の経理における税理士や会計士への依頼に関する理解の一助となれば幸いです。

関連記事