税務お役立ち情報

税務の専門家!税理士の仕事とは

税理士の仕事はどのようなものなのか、通常は分からないことが多いですよね。ですから、「税金に詳しい人」という認識があったとしても、実際に具体的な業務を知る方は少ないでしょう。

税務などを行う会社は、「〇〇税理士法人」・「〇〇税理士事務所」・「〇〇公認会計士事務所」など様々な名前があり、全く違うものかと思われがちです。ですが、基本的には会計事務所として税務や会計業務を生業としていて、所長の保有資格や会社の形態で名称が変わっているだけと言えるでしょう。

税理士の業務は税務の中核をなす独占業務と呼ばれるものから、コンサルティングやアドバイザリーなど多岐に渡ります。自分に合った税理士を見付けるためにも税理士がどのような業務を行っているのか、知っておく必要があるでしょう。

今回は、税務の専門家である税理士の仕事とはどのようなものなのか、具体的にご紹介していきます。

税務の専門家である税理士の仕事内容とは

税理士の業務は、税務に関すること・会計に関すること・経営に関することなど多岐に渡ります。なぜなら、税金のことというのは会計を前提にすることが多いからです。また、会計を行っていく場合には、分析を行い計画や予算に反映していくことが大切と言えるでしょう。ですから、経営に関することも業務内容にしているところが多いのです。

税理士は税金の専門家で、主な業務は税務と言えます。税務というのは税金に関する業務のことですが、その中でも士業として税理士の資格を保有している方しかできない業務に、独占業務があります。

こちらの業務は社会的にみて税金の専門家とされていて、信用のおける税理士にしか認められていない業務で、税理士の大切な業務と言えるでしょう。

独占業務は具体的に「税務の代理」・「税務書類の作成」・「税務相談」の3種類です。

以下では、独占業務について1つずつ解説していきます。

3つの独占業務:税務代理

1つ目は、税務の代理です。

所得税・法人税・住民税・事業税等における申告を代わりに行うことが出来ます。税務調査が入った場合には立ち合いなども可能です。税金が分からない方にとってはとても心強いことと言えるでしょう。

また、税務署の更正・決定に不服があれば申し立てを行うことも可能です。これらは内容を理解していなければできないことですし、税務署の決定が絶対とも言えない場合があるので、大切な役割があります。

3つの独占業務:税務書類の作成

2つ目は、税務書類の作成です。

所得税・法人税・消費税・相続税等様々な税務書類というのは専門性が高く、どのように書いたら良いのか分からない方がほとんどです。また、納付期限が定められていたり、勉強をしたら直ぐに理解できるものではありません。

ですから、税理士には税務書類の作成を行うことが許されているのです。そうすることで、依頼者は税務書類の作成に時間を取られることなく業務を行っていけると言う利点もあると言えるでしょう。

3つの独占業務:税務相談

最後に、税務相談です。

税務は申請書や申告の提出含め複雑かつ専門的なことが多く煩雑ですが、業務に関することですので、税理士にすべて任せておけば良いというものでもありません。ですから、税務に関して相談を行いながら進めることも重要と言えるでしょう。

また、税金の申告は会計を前提に所得が計算されることも多いです。日々の会計処理の際には消費税等の知識も必要なことがありますし、事前に申告を視野に入れた会計処理をしていくことも重要なので、切っても切れない関係にあります。

そんな時に税務に関する相談が出来ることはとても安心感があると言えるでしょう。ですから、税理士という資格を保有している、税金に関して日々研鑽している人だけに、税務相談は許されているのです。

税務以外にもコンサルティング、アドバイザリーの支援をする税理士事務所がある

税理士は税務や会計のことだけ行うのではなく、経営に関して詳しい方もいます。そんな方へ相談することで税務や会計以外にも、経営の支援を受けることができます。

具体的には、コンサルティングやアドバイザリーと呼ばれる、経営のコンサルティング・M&Aや事業再生などの支援を行ってくれる税理士もいます。ですから、経営に関することに精通している税理士に相談することで、より効率的な経営を行っていくことが出来るのです。

以下では、税理士のコンサルティングやアドバイザリー支援について解説していきます。

税理士のコンサルティングとは

税理士におけるコンサルティングは節税などが主と言えるでしょう。

税務を行っていくうえで課税方法を誤ると本来減額することができた税金を減額することができなくなるケースが数多く存在します。適正な方法で負担する税額を軽減させていくためには、やはり専門家である税理士の力が必要になります。

また、税理士は日々税務とともに会計処理を行っているので、数字を見ています。どのように経営を行っていけば良いかなど、数字を用いて説明してくれるところも多いです。このようなコンサルティングを一緒に行ってくれる事務所だと、相乗的に経営が良くなっていくことが考えられるでしょう。

税理士のアドバイザリーとは

税理士のアドバイザリーは、M&Aや事業再生における支援が考えられます。

M&Aなどにおいて、他の企業を合併・買収する場合等では、他の企業の情報が重要でしょう。ですが、その情報には専門的知識を要するのです。ですから、戦略的な行動をしていくためにも、税理士におけるアドバイザリーは大切と言えます。

また事業再生においても、税理士は多様な企業を見てきているので、頼りになるでしょう。事業が上手くいかない原因を探り、そこにコミットすることで、的確な改善策を探ってくれます。

このように、税理士のアドバイザリーは通常あまり経験する機会のないことに遭遇しても、経験豊富な専門家がついているので、安心感を持って行動していけます。ですから、とても有用な業務と言えるのです。

税理士の仕事は税務だけではなく其々に多岐にわたる

税務は取引を会計処理していることを前提に行いますし、逆を返せば、税務を行うために会計処理しているとも言えます。ですから、会計は税務には必須であるため、税理士は会計処理から帳簿・財務諸表の作成に至るまで行うのです。

その会計処理が慣れてくると自計化をしていきます。そうすると、会計処理を自分で理解できるようになります。さらに深い内容や分析を行っていけるようになるので、税理士は自計化のお手伝いをするのです。

また、監査を行い日々の会計処理が問題なく行われているかも、しっかりチェックしてくれます。ですから、間違っていても訂正してくれるので安心して会計処理を行えるでしょう。

会社を守るために適切な保険の提案なども行ってくれます。もし、経営者の方に何か不測の事態が起こった時に会社・家族・従業員のことを考えておくことはとても大切です。ですから、リスクをヘッジしていくことが重要と言えます。

もし経営を行っていくにあたり心配事があれば、何でも相談してみることが良いでしょう。税理士は普段から多種多様な企業の数字を見ているので、問題解決する方法も見えやすいのです。

このように、会計結果の報告から戦略も立ててくれますし、税理士は経営に関する業務を多岐に渡り行っているのです。

まとめ

今回は、税務の専門家である税理士の仕事とはどのようなものなのか具体的にご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

税理士の業務の中心になるのが、独占業務です。独占業務は具体的に「税務の代理」・「税務書類の作成」・「税務相談」の3種類があり、税理士の資格が無ければ行えない業務とされているのです。

税理士は税務の他にも、会計に関する自計化・監査・適切な保険の提案なども行います。また、節税などのコンサルティングや、M&A・事業再生などのアドバイザリー業務など多岐に渡るのです。

経営の戦略なども含めて分からないことがあれば、とりあえず相談してみると専門的見地から何か良い問題解決の方法を、導き出してくれるでしょう。

今回ご紹介した内容が、税理士の仕事に関する理解の一助となれば幸いです。

関連記事