税務お役立ち情報

会社経営や会計業務でよく聞く「PL:損益計算書」「BS:貸借対照表」「CF:キャッシュフロー計算書」を解説

PL(損益計算書)、BS(貸借対照表)、CF(キャッシュフロー計算書)と聞くと、会計を勉強したことのある方は、直ぐに分かります。ですが、普通に生活していて耳にすることは少ないでしょう。

これらは、財務三表と言われ会社の財政状態・経営成績・お金の増減の状況などを表示するためにとても大切なもので、日々の経理の結果作成されます。会計をしっかり勉強している方でしたら、これらの財務三表を見れば、会社がどのような状況にあるのかを判断することが出来るでしょう。

ですが、どんなに簿記等を勉強してきた方でも、形式的に学んできた場合、財務三表がどのようなことを表しているのか分からないかも知れません。表が何を示しているのかをしっかり考えて覚えておきましょう。そうすることで、財務三表のそれぞれの内容の理解が深まっていきます。

財務三表を理解することで、自社の強み、弱みの数字面からの分析や競合他社との比較、次年度の経営計画に活かしていくことができます。ですので、この機会に丁寧に押さえていきましょう。

今回は、会計の基本であるPL(損益計算書)、BS(貸借対照表)、CF(キャッシュフロー計算書)の意味を解説していきます。

会計業務では専門用語が多く出てくる

会計では、会社における多種多様な取引を正確に記帳していかなければいけません。その為、会計特有の範囲を定め、それを専門用語としてまとめていきます。

専門用語を利用して業務を行っていくことで、経理などを円滑に進めていくことが出来ると言えます。また、会計を知っている人同士での話し合いは、専門用語を利用して話すことでスムーズな意思の疎通が図れると言えるでしょう。

会計業務では専門用語が多く出てくるので、勉強をしていないと理解することが出来ません。しっかり専門用語を学んでいき理解できるようにしていきましょう。

また、財務三表は日々の経理の結果とも言えますから、会計用語(勘定科目)などが沢山表示されています。それを理解するためにはひとつひとつ覚えていく必要があるのです。

聞いたことがあるような言葉であったとしても、会計用語としての範囲が決まっていて、思っているものと異なる可能性も考えられるので、しっかり調べていきましょう。

決算書で重要な財務三表とは

決算書は、金融商品取引法では『財務諸表』と呼ばれ、会社の経営の結果を適切に表示するための表です。その中でも、財務三表はとても大切な役割があるとされ、特に重要視されていると言えます。

以下では、財務三表について1つずつどのようなものなのか見ていきましょう。

損益計算書(PL:Profit and Loss statement)とは

先ずは、損益計算書(PL:Profit and Loss statement)です。

『損益計算書』は、Profit and Loss statementを略してPLと言われます。1年間会社の経営を行った結果として、経営成績を表示するためのものです。

会計では、1年間の収益と費用の差額から、利益が出ているのかはたまた損失が出ているのかを表示します。収益が費用より多かった場合には、利益です。これに対して、費用が収益より多かった場合には、損失として表示されるのです。

基本的に、売り上げから各種費用・収益を加減算していき、様々な利益を算定していきます。以下のような種類があります。

売上総利益 → 売上 – 売上原価
営業利益 → 売上総利益 – 販売費及び一般管理費
経常利益 → 営業利益 + 営業外収益 – 営業外費用
税引前当期純利益→ 経常利益 + 特別利益 – 特別損失
当期純利益→税引前当期純利益 – 法人税、住民税及び事業税

各種利益はこのように計算されますが、種類が多いので見た時にどのような利益なのか理解しておきましょう。

よく粗利と言われるのは、本業から得た売上から売上原価を控除した売上総利益です。本業による成果を表しているので、最重要項目として注目されるのです。

貸借対照表(BS:Balance Sheet)とは

次に、貸借対照表(BS:Balance Sheet)です。

『貸借対照表』は、Balance Sheetを略して、BSと言われます。1年間会社の経営を行った結果として財政状態を表示するためのものです。

今いくらあるのかという視点は、投資家や株主に表示する際にもとても大切なことですから、しっかり計算して、表を作成する必要があるのです。

『貸借対照表』には、以下のことが表示されます。

・資産
・負債
・純資産

がいくらあるのかを表示することで、どのような財政状態にあるのかが分かります。損益計算書で計算された利益または損失は、貸借対照表における純資産の「繰越利益剰余金」に振り替えられて積み立てられていくのです。

キャッシュフロー計算書(CF:Cash Flow statement) とは

最後に、キャッシュフロー計算書(CF:Cash Flow statement)です。

『キャッシュフロー計算書』は、Cash Flow statementを略して、CF(またはCS)と言われます。会社における1年間の現預金などの流れを表示するためのものです。

会社の複式簿記における計算は、計上する認識時点と現金が入ってくる時点とは切り離されています。そのため、収益・費用の認識とは別に会社のお金がどのような流れで動いているのかを把握していく必要があるのです。

『キャッシュフロー計算書』には、以下のことが表示されます。

・営業活動によるキャッシュフロー
・投資活動によるキャッシュフロー
・財務活動によるキャッシュフロー

このように、どのような活動によってキャッシュフローが増減しているのかを把握することが出来るのです。

『キャッシュフロー計算書』には、直接法と間接法という2種類の表示方法があります。営業活動によるキャッシュフローに表示される小計以下の項目、投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローは変わりません。ですが、間接法の場合には、税引前当期純利益に利益または損失とキャッシュフローの動きが異なる項目などを加減算して営業活動によるキャッシュフローの小計を計算・表示するところが異なります。

また、『キャッシュフロー計算書』における対象は、現金だけではありません。現金又は現金同等物が対象です。現金も要求払い預金と言われる、要求すれば引き出せるような当座預金・普通預金も現金に含まれます。また、容易に換金可能な価値の変動リスクについて僅少なリスクしか追わない短期投資に関しては、現金同等物として対象になることに注意しましょう。

PL(損益計算書)・BS(貸借対照表)・CF(キャッシュフロー計算書)は会計の基本知識

PL(損益計算書)、BS(貸借対照表)、CF(キャッシュフロー計算書)は会計の基礎としてとても重要なものです。なぜなら、財務三表は1年間経営を行った「結果」と言えます。

財務三表による結果から分析を行うことで、安全性や収益性などが分かるのです。これを活かして次年度の計画予算を作成していくことも出来ます。

財務三表を理解できるだけで、会社の財政状態・経営成績・キャッシュフローの状況が分かります。これは、他業種においても同様で競業他社や潜在的に競業他社になり得る会社などとも比較可能なのです。

会計を勉強している方でしたら、必ず押さえておきたい3種の決算書と言えるでしょう。

連結決算についての情報は「連結決算とは?なぜ連結決算をあえてするのか?」で解説しています。

まとめ

今回は、会計でよく使うPL(損益計算書)、BS(貸借対照表)、CF(キャッシュフロー計算書)の意味をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

これらは財務三表として会社の財政状態・経営成績・キャッシュフローの状態を知ることが出来る、とても重要な役割を持った表です。ですから、ルールに従った作成が求められます。

『損益計算書』はPLと呼ばれ、事業年度1年間の経営成績を表示するため、収益・費用が計算されるのです。収益が費用を上回れば利益、費用が収益を上回れば損失とされます。

『貸借対照表』はBSと呼ばれ、決算時点の財政状態として、資産・負債・純資産が表示されます。

『キャッシュフロー計算書』は、CFと呼ばれ、事業年度1年間の現金及び現金同等物の動きが対象です。営業活動によるキャッシュフロー・投資活動によるキャッシュフロー・財務活動によるキャッシュフローが表示されます。

それぞれ、作成する際に必要とする理解が、結果として細かな表の内容に対する理解に役立ちます。ひとつひとつ丁寧に学んでいきましょう。

今回ご紹介した、PL(損益計算書)、BS(貸借対照表)、CF(キャッシュフロー計算書)に関する理解の一助となれば幸いです。

関連記事