税務お役立ち情報

贈与税とは?贈与税はどのタイミングで発生するのか

人に物を譲る・物を貰う行為は、日常的に行われることであり、当該行為を贈与と言います。税金は贈与される物にも課税されるので、注意が必要です。贈与税には基礎控除額があり、基礎控除額を超える金額に対して課税されるので、基礎控除額以内であれば申告は不要と言えます。

贈与税には課税対象があり、課税対象に該当しているか否かを判断して申告する必要があるので、課税対象になる贈与について認識していることが大切です。相続税は被相続人が亡くなった後に課税される税金ですが、贈与により財産が移動するタイミングによっては相続税の対象になることもあるので、相続税との関係性も把握しておかなければいけません。

今回は、贈与税とは何なのか?贈与税が発生するタイミングについて解説していきます。

贈与税とは

贈与税は暦年単位課税であり、毎年1月1日~12月31日において行われた贈与者から受贈者への贈与の合計額に対して課税される税金です。

現金等の贈与は明らかな課税対象ですが、贈与税の対象なのか分かりづらい贈与(みなし贈与)も存在しており、本来の贈与とみなし贈与から社会通念上非課税となる(非課税財産)と基礎控除額を控除した金額に余りがあれば課税されます。

みなし贈与とは、保険料を支払っていない場合の生命保険料の受け取りや、債務の支払い免除を受けた場合、著しく低い価額で贈与をした場合等、実質的に贈与と考えられる贈与です。

社会通念上必要と考えられる費用や扶養義務のある人からの贈与は非課税財産として課税されないので、贈与税の課税対象から除かれます。

贈与税の申告について

贈与税の申告期限は、原則として翌年2月1日~3月15日までです。贈与税の申告方法は、『暦年課税』と『相続時精算課税制度』によるいずれかの方法で申告しなければいけません。

『暦年課税』の場合には基礎控除額を利用することが可能で、基礎控除額を控除した残額があれば税率を乗じて贈与税を計算します。

結婚・子育て資金の一括贈与、教育資金の一括贈与・住宅取得等資金の贈与等の非課税制度もあるので、自身に適用できる条件を把握して活用していくことで、贈与税を非課税とすることが可能です。

基礎控除額以下は申告が不要

贈与税の基礎控除額は110万円で、本来の相続財産とみなし相続財産から非課税財産を控除した額が基礎控除額以下である場合には贈与税の申告は不要と言えます。

『暦年課税』は1月1日~12月31日までの贈与の合計額ですので、1年間の各1人に対する贈与の合計額が110万円を超えている場合に課税されます。

これに対して、年を跨いで贈与の合計額が110万円を超えていても、毎年の支払いが110万円以内の場合には課税されないので申告は必要ありません。

扶養義務のある人からの贈与は?

扶養義務のある人からの配偶者・直系血族・兄弟姉妹等に対する、生活費や教育費の支払いは通常行われることであり、生活や教育を行うのに必要な贈与ですので非課税です。

非課税財産は課税財産から控除することが出来て、税金の計算に含まれませんので、注意が必要と言えます。

贈与税と相続税は何が違うのか

贈与税と相続税は財産を受け取った人が税金を納めることは共通していますが、贈与・相続前に財産を保有している者が生存しているか否かが異なります。

贈与は生前に財産を贈与者から受贈者に移動することで、これに対して相続税は亡くなった後に行う財産の移動であり、基礎控除額や税率に違いがあるので、計画的に行っていくことが重要です。

以下では、贈与税と相続税どちらがお得か、生前贈与とはどのような贈与なのかについて解説していきます。

贈与税と相続税はどちらがお得か

贈与税は基礎控除額110万円なのに対して、相続税の基礎控除額は3,000万円+法定相続人の数×600万円です。

税率の下限と上限は贈与税と相続税ともに10%~55%ですが、下限は贈与税200万円以下、相続税1,000万円以下で、上限は贈与税4,500万円超、相続税6億円超に設定されています。

税率の設定の下限や上限から相続税よりも贈与税のほうが税率が高く感じますが、実際には、毎年基礎控除額以内なら贈与税がかからず財産の移動をすることが出来ますし、法定相続人のみでなく、様々な方に贈与することが可能です。

生前贈与とは

生前贈与とは相続の場合と異なり、生存している間に贈与することで、一般的に言われる贈与とは生前贈与を指します。

被相続人から贈与を受けた場合、相続開始前3年以内に受け取っている財産に関しては、相続財産に加算して計算しなければいけません。この時相続財産として加算される財産の価額は贈与時の価額です。

60歳以上の贈与者(父母又は祖父母)が受贈者である贈与者の子又は孫であり、20歳以上である場合には、『相続時精算課税制度』を利用できます。

『相続時精算課税制度』は、一定の書類を揃えて提出した年以後において、年間2,500万円までは贈与税がかからず、2,500万円を超える部分に関しては20%の税率で課税される制度です。『相続時精算課税制度』はその名の通り相続時に贈与財産を含めて相続税を計算して、納付又は還付が決定します。

贈与税の納付を相続時まで持ち越している状態であり、節税対策にはあまりなりません。ですが、贈与時の納付額を押さえたり、贈与時の還付を受ける場合等では『相続時精算課税制度』を利用する必要があり、計画的に贈与や相続をしていくことが大切と言えます。

まとめ

今回は、贈与税とは何なのか?贈与税が発生するタイミングについて解説してきましたがいかがだったでしょうか。

贈与税は、毎年1月1日~12月31日において贈与された額の合計額に対して課税される税金であり、原則として翌年2月1日~3月15日までに申告しなければなりません。

贈与財産には現金等の明らかな贈与財産だけでなく、贈与税の対象なのか分かりづらい、保険料を支払っていない場合の生命保険料の受け取り等のみなし財産も含まれます。

本来の贈与財産にみなし財産を含めて、社会通念上必要と認められる費用や扶養義務のある人からの贈与(非課税財産)等を控除した額が、基礎控除額である110万円を超えている場合に、税率を乗じて贈与税を計算し、申告が必要です。

贈与税と相続税は混同されやすい税金ですが、基礎控除額としては贈与税が110万円なのに対して、相続税は3,000万円+法定相続人の数×600万円で計算します。税率はどちらも10%~55%で、上限と下限の関係性から相続税よりも贈与税のほうが税率が高く感じられますが、毎年基礎控除額内での贈与をすることも出来ますし、受贈者は限定されていません。

一定の書類を揃えて提出することで『暦年課税』から『相続時精算課税』へ変更することが出来て、年間2,500万円までは贈与税は課せられず、超えた部分に対して税率20%で課税されます。相続時に税金を持ち越す形となるのであまり節税対策にはなりませんが、贈与時の納付を一時的に免れたり、還付を受ける場合には『相続時精算課税制度』を利用することが大切です。

このように、贈与税と相続税はタイミングによる違いがあり、『相続時精算課税制度』や非課税制度もある為、相続時に揉めないように事前に話し合い、計画的に納付を行うことが重要と言えます。

相続前3年間の贈与に関しては相続財産に含まれて相続税が課税されますので、駆け込みで贈与を行ったとしても節税できませんので注意が必要と言えます。

今回ご紹介した内容が、贈与税とは何か?贈与税が発生するタイミングに関する理解の一助となれば幸いです。

WEBプロジェクト推進部

WEBプロジェクト推進部

税理士法人 創新會計【WEBプロジェクト推進部】は、現役の会計士、税理士が税務・会計に関する情報、ノウハウ、お役立ち情報を発信しております。

関連記事