税務お役立ち情報

税理士はなぜ必要なのか改めて確認!

税理士は税金のスペシャリストですが、どのようなことを依頼できるのか分からない方も多いです。会計業務や税務業務について依頼することが可能で、専門知識の獲得をすることも出来ます。

会計業務や税務業務は専門性が高いので、知識を獲得するのに時間がかかりますし、合っているか不安な気持ちを抱えながら行っていくことになるのです。

税理士へ依頼を行うことで、会計業務や税務業務に費やしていた時間がなくなり、安心してサポートを受けながら行っていくことが出来て、効率的に事業に集中していくことが出来ます。

このように税理士に依頼を行うのにはそれぞれ理由があり、逆に依頼していない場合にはデメリットも多く、デメリットを避けてスムーズな経営を行っていく為にも税理士への依頼を行う必要があるのです。

今回は、税理士はなぜ必要なのか改めて確認していきます。

税理士とは

税金の専門家として資格を有している者で、独占業務を行うことが国により許されています。独占業務は資格を有している者以外は行うことは出来ないのです。

税金は国の歳入として国民により納付され、インフラ整備等の公共サービス提供を実現するために利用されています。国民全員で公平に負担することが求められているのです。

ですが、税金の納付には専門性を必要とするので、国によって税金の専門家として認められている税理士が協力し、スムーズな税金の納付をサポートする機能を有しています。

企業はなぜ税理士へ依頼しているのか

企業の創業期は特に税金や経営に関する知識が少なく税金の適切な納付や効率的な経営を行っていくことが出来ません。

起業後早期に税理士への依頼を行えば、税理士が税金のサポート・会計業務・経営計画へ参画して貰うことで出来て効率的な経営を行っていくことが可能です。

以下では、企業が税理士へ依頼を行う目的について解説していきます。

税金のサポート

税理士に依頼を行う主な目的は独占業務です。独占業務とは税務代理・税務書類の作成・税務相談を言い、税理士の資格を有している者しか行うことは出来ません。

税金の申請・申告は専門的で理解することが難しいので、自分で行う場合には時間が取られてしまい、事業活動が疎かになってしまうことも考えられます。

ですが、独占業務は資格を有している税理士にしか許されていないので、資格を有していない者が行うと、気軽な相談であり無償であったとしても税理士法違反で罰せられてしまう危険があるのです。

税理士へ依頼を行うことで安心して税務の代理・税務書類の作成・税務相談のサービスを受けることが出来るので、自身は事業に集中することが出来ます。

会計業務

税務業務に伴う会計業務として、書類整理、会計帳簿や財務諸表作成、会計報告を行います。取引量が多い場合は特に、書類整理から会計帳簿作成を行うのに手間と時間を要するのです。

税理士へ依頼で、記帳代行や、自分で帳簿付けを行えるように指導して貰うことも出来ます。自身で帳簿を付けたとしても、定期的に誤りが無いか確認してくれますので、安心して帳簿を付けるいくことが可能です。

帳簿付けをしていき1カ月に1度等で区切り、会計に関する報告をして貰えるので、企業がどうなっているのかを把握することが出来ます。現状どれくらいの資産・負債・資本があり、利益(又は損失)となっているのかを把握することが大切なのです。

経営効率化

他にも税理士は、経営の効率化の為にコンサルティング業務や、企業におけるセーフティーネットとして機能する企業防衛の為の保険提供等、業務内容は多岐に渡り、中小企業の強力な経営の協力者として活躍しています。

経営分析を通じた結果を利用する等、経営計画のサポートも行います。会計的視点での経営分析は具体的ですので、より詳細な経営計画を立てることが出来ますので、実践的に改善していくことが可能です。

税理士に依頼していない場合はデメリットが多い

税理士に依頼を行うことは税務業務や会計業務に関してサポートを受けることが出来て経営を有利に進めていくことが出来ます。

税理士に依頼していない場合にはデメリットが多く、デメリットを避けていくためにも税理士への依頼は大切なのです。

以下では、税理士に依頼していない場合のデメリットについて解説していきます。

無申告・虚偽の申告

税務書類には申請・申告・納付に期限があります。知らなかった場合でも申告・納税がされていない場合や、虚偽の表示等により適正な税金の納付がなされていないと判断された場合には、税務調査が入るのです。

税務調査が入った場合には、専門的な内容について質問され答えなければいけず、適切に対応して説明しなければ、追徴課税が課されることもあります。

税理士に依頼していれば一緒に対応して貰えるのに対して、依頼していない場合には自分で対応しなければならず、税理士に依頼していない場合のデメリットと言えるのです。

節税対策

税理士への依頼を行っていれば、税金の納付を適正な方法で安くして貰うことが出来ます。所得に関連して納税額が決まる税金の場合には、経費の計上で所得を押さえることが可能です。

ですが、経費の計上は無制限に行えるわけではなく、ルールにしたがって会計処理していかなければならず、脱税を行わないためにも税理士の専門的な判断が必要なのです。

税理士に依頼していない場合には自分で判断することになるので、専門知識が無い場合には適正な節税が行えず、税理士へ依頼していれば納めなくても良かった税金を納めることになるのです。

経営判断

経営を行っていると適切な経営判断が必要な場面があります。ですが、自身のみで判断した場合には適正な経営判断が行えないケースも考えられ、経営の転機ともなり得る取引機会を逃してしまうことにも繋がります。

税理士は多種多様な起業を日々見ているので、経営判断に迷ってしまった際に相談することで最適なアドバイスをして貰えるのです。

まとめ

今回は、税理士はなぜ必要なのか改めて確認してきましたが、いかがだったでしょうか。

税理士は税金の公平性の元、顧客のスムーズな税金の納付に寄与します。税金はインフラ整備等に利用されるので、適正に納付させる必要があり、税理士は税金の納付をサポートする役割を担っているのです。

税理士は独占業務として、税務代理・税務書類の作成・税務相談を主たる業務として顧客に提供しています。税務業務を行うためには、書類整理や会計帳簿・財務諸表の作成、会計報告等もサポートして貰えるのです。また、経営効率化の為のコンサルティング業務や、企業防衛の為の保険の提案なども行っています。

税理士に依頼を行っていない場合には、税務書類の申請・申告・納付に期限があり、無申告や虚偽の申告をしていると考えられれば、税務調査が入り税理士が居ない場合には適切な対応や説明が出来ず、追徴課税が増えてしまう危険もあります。

税金に関する知識が無い場合には適正な節税を行うことが出来ずに、誤った節税により脱税を行わないためにも税理士への依頼は重要です。経営においては適切な経営判断が必要な場面もあり、最適な経営判断を行うためにも税理士のサポートを受けることが大切であり、税理士に依頼しないことによるデメリットを避けていく必要があるのです。

このように、税理士に依頼することで会計業務や税務業務を効率的に行うことが出来て、自身は事業に集中することが可能なのです。経営をスムーズに進めていく為にも税理士の協力が必要と言えます。

今回ご紹介した内容が、税理士はなぜ必要なのかに関する理解の一助となれば幸いです。

WEBプロジェクト推進部

WEBプロジェクト推進部

税理士法人 創新會計【WEBプロジェクト推進部】は、現役の会計士、税理士が税務・会計に関する情報、ノウハウ、お役立ち情報を発信しております。

関連記事