税務お役立ち情報

なぜ起業初期から税理士に依頼するのか

税理士に依頼した場合、会計や税務業務について安心して任せることできますので、本業に専念することができ、より効率的な事業の運営を行っていくことが可能です。税理士へ依頼をする前の悩みの1つに「契約を行うタイミング」があります。

基本的に起業した初期から税理士へ会計や税務業務を依頼することで様々なメリットを享受することが可能です。経営に余裕があれば起業当初から契約をしていくと良いでしょう。専門家の意見を聞きながら事業を運営していくことで、円滑に経営していくことが出来ます。

税理士は会計や税金のスペシャリストとして、社会的にも認められているので、顧問税理士がいる場合には『事業計画書』を作成することで信用性が上がり、資金調達等がしやすくなるので、起業初期から税理士に依頼を行うことはとても大切なのです。

今回は、なぜ起業初期から税理士に依頼するのかについて解説していきます。

税理士が管轄する作業範囲

税理士の業務のメインは独占業務ですので、税務代理・税務書類の作成・税務相談です。資格を保有している税理士は一定程度の税務に関する知識を有しているという保証があるので許されている業務で、独占業務は税理士しか行うことが出来ません。

他にも独占業務を行うにあたり必要となる会計業務や、コンサルタント業務、保険代理店業務等、業務内容は多岐に渡ります。税理士は他の司法書士や行政書士等と協力していることが多いので、会社で悩んだ際には何でも相談してみることが大切です。

税理士が管轄している業務は専門的な業務内容が多いので、個人で行う場合には多くの時間を要してしまいます。取引機会を失わないためにも、適切に税理士に依頼を行い、取引機会を失わないように注意していくことが重要なのです。

起業初期に税理士に依頼するメリットとは

税理士に依頼を行うタイミングは様々あり、いつ依頼を行うのか悩んでしまうことも少なくありません。

例えば、以下のタイミングです。

・本業が軌道に乗ってきてから
・白色申告から青色申告へ変更
・個人事業主から法人成り
・基準期間の課税売上が1,000万円を超えた

税理士に依頼を行うのには様々なタイミングがありますが、基本的には開業初期から依頼を行うことが理想と考えられ、タイミングを失い損をしないように注意していかなければなりません。

以下では、起業初期に税理士に依頼するメリットについて解説していきます。

事業に集中することができる

起業すると営利目的で取引を行っていくので、一定のルールに従って会計業務や税務業務をしていかなければいけません。知識が無い場合には、時間をかけて調べながら行うので、事業に集中できないことも多々あります。

起業初期から税理士と契約をすることで、会計業務や税務業務等を任せられるので、安心して事業に集中することが出来るのです。事業に集中することで、売り上げの向上や経費の削減等について、深く考えていくことも可能と言えます。

結果的にコストカットにつながる

税理士に依頼を行うことで費用がかかるので、躊躇される方もいるでしょう。

ですが、節税対策を行っていくことでコストをカットすることが出来れば、税金が安くなるので税理士費用より多くの費用を削減することも可能です。

経営計画を行い、売り上げを向上させていくことが出来れば、利益を上げることも可能ですので、税理士の顧問費用を支払うだけの資金を集められるという、投資のようなメリットもあります。

税務調査が入った際に、適正に処理できていない場合には、追徴課税等を支払わなければいけません。税理士がついていれば立ち会って貰い説明してくれるので、余分な税金の納付を減らしていくことも出来ます。

資金調達の相談ができる

税理士に資金調達の相談を行うことで、財務の視点から具体的な『事業計画書』を作成していくことが可能です。資金調達は信用力がとても大切なので、会計や税金のスペシャリストである税理士がついているだけでも信用性が上がります。

事業における資金の流れが分かれば、安心して貸し付けることが出来るのです。金融機関側と日頃から取引を行っている税理士も多いので、資金調達を優位に進めていけると言えます。

資金調達は事業を行うにあたっての元手を集める作業ですので、慎重に行う必要があるのです。闇雲に資金調達するのではなく、計画的に行っていくことが大切と言えます。

補助金や助成金の申請のサポートにも期待ができる

補助金や助成金の申請を自分で行う場合には、要件に該当しているか確認して複雑な手続きを把握しなければいけません。

ですが税理士に依頼していれば、補助金や助成金の対象になっている場合には知らせてくれたり、手続きをサポートして貰えることも期待できます。

税務の専門知識を持たない場合は依頼することが吉

基本的に税務の専門知識が無い場合には、税理士に依頼することが吉と言えるのです。税務業務は専門性が高いので理解し難い内容が多く、税理士に任せておくことが本業を効率的にこなしていくためにはとても大切と言えます。

税金の申告には、事前申請が必要なことも多く、申請や申告の期限が決まっているのです。適切な申告を行うためには専門知識が無ければいけません。

税理士に依頼することで、専門知識について説明して貰えるので、少しずつ覚えて専門知識を身につけていくことが出来ます。専門知識を獲得していければ、高度な分析や計画に活かしていくことも可能なのです。

税務業務を行うにあたり会計帳簿を備える必要があるので、会計業務を行わなければいけません。会計業務は、日々の取引を適切に会計処理する必要があり、資料整理から仕訳を行ったりと、詳しい方でないと行うことが難しいのです。

まとめ

今回は、なぜ起業初期から税理士に依頼するのかについて解説してきましたがいかがだったでしょうか。

税理士の管轄する作業範囲は税務代理・税務書類の作成・税務相談である、独占業務がメインです。他にも会計業務や、コンサルタント業務、保険代理店業務等、業務内容は多岐に渡ります。

税理士に依頼を行うと、会計業務や税務業務を安心して任せることが出来て、本業を効率的にこなすことが可能です。費用はかかりますが、節税対策を講じていくことで結果的にコストカットに繋がったり、正確な『事業計画書』の作成で資金調達を優位に進めていけます。

補助金や助成金等の事業に利用できる制度があれば、手続きを含めて教えくれますので、サポートして貰えることも期待出来ます。制度や手続きについて教えて貰いながら進めていくことで、スムーズに申請することが可能です。

税務は専門的で、経理等の経験が無い方にとって理解し難い内容が多いと言えます。税理士に依頼を行えば、専門知識が無くても安心して会計業務や税務業務を進めていくことが可能です。起業初期から積極的に税理士に依頼するのが大切と言えます。

このように、起業初期から税理士に依頼することはメリットが多く、設立段階から依頼することで税理士のネットワークを利用して、他の専門家と協力的に進めていくことも期待できます。早い段階で依頼を行うと、慣れている方の意見を聞きながら会社のことを決めていくことが出来るので有利と言えるのです。

起業初期から依頼を積極的に行い、分からないところは聞きながら進めていくことが大切と言えます。税理士も日頃の会計業務や税務業務を通じて業務内容に詳しくなり、節税対策や補助金や助成金の申請等、提案して貰える機会も増えてくることで、メリットを享受することが出来るようになっていきます。

今回ご紹介した内容が、なぜ起業初期から税理士に依頼するのかに関する理解の一助となれば幸いです。

WEBプロジェクト推進部

WEBプロジェクト推進部

税理士法人 創新會計【WEBプロジェクト推進部】は、現役の会計士、税理士が税務・会計に関する情報、ノウハウ、お役立ち情報を発信しております。

関連記事