税務お役立ち情報

スタートアップ企業はいつから税理士に依頼すれば良いか?

スタートアップ企業において、本業が忙しい中、個人で会計業務や税務業務を行うことには、限界があると言えます。

早期に税理士への依頼をすることで、会計業務や税務業務について安心して任せることが出来て、自身の本業に集中することが可能なため、取引機会を損なわないように税理士の利用はとても重要です。

税理士に依頼する際に気になるのことの1つに、いつから税理士に依頼する必要があるのかということがあります。適切なタイミングで税理士に依頼することで、効率的な本業の運営を行うことが出来るのです。

開業初期などは資金不足になりやすく、税理士に依頼することを諦めてしまいがちと言えます。ですが、実際には税理士に依頼することで、費用削減や売上拡大等を行うために財務的視点から検討して貰うことが出来て、優位に立てるのです。

今回は、スタートアップ企業はいつから税理士に依頼すれば良いか?について解説していきます。

税理士への依頼は開業初期から?軌道に乗ってから?

税理士への依頼は開業初期から?軌道に乗ってから?

税理士への依頼は、軌道に乗ってから依頼することが良いと考える方も多いです。開業初期は本業が忙しく、時間を確保して税理士へ依頼することも大変と言えます。

軌道に乗ってからですと本業は安定してきますので、運営資金も回るようになり、税理士に依頼するタイミングです。税理士への依頼は費用がかかるので、開業初期段階においては出費が経営を圧迫してしまうのではないかと心配されます。

ですが実際には、開業初期から依頼することが理想です。軌道に乗ってからですと、会計帳簿の記帳方法等が確立されてきていますし、開業手続き等の専門的な業務も個人で行わなければならず、大変と言えます。

余裕を持って税理士に依頼を行うためには、開業初期から依頼を行っていくことが重要なのです。経費等の負担はありますが、長期的に見れば専門家の力があることで、経営が安定していきやすいと言えます。開業初期から積極的に依頼していくことが大切なのです。

なぜ開業初期から依頼したほうがいいのか

なぜ開業初期から依頼したほうがいいのか

個人で全てを行ったり、別々の専門家に依頼することは手間がかかりますので、税理士のネットワークを利用していければ効率が良いと言えます。

開業初期から税理士に依頼することで、『事業計画書』を具体的に作成して資金調達を有利に行うことが可能です。貸し付けを行う金融機関等において、『事業計画書』は信用を図る指標と言えます。書かれている内容に信憑性があれば信用性が増し、安心して貸し付けることが出来るのです。

会計の処理方法等のルールを決めていく場合にも、税理士等の専門家がいることで、適切に決めていくことが出来ます。ルールに従って個々の会計処理を行っていきますので、ルールの作成というのはとても大切なのです。

途中から依頼を行う場合には、適切な会計処理に直さなければならず、訂正に時間を要してしまうこともあるので、開業初期から依頼を行うことが重要と言えます。取引内容を適切に反映した会計処理を決めて貰うことが出来れば、基本的には同じ会計処理を引き続き行うので、安心して会計処理していくことが可能です。

会社設立の段階でも依頼できるのか

設立の段階から税理士に依頼することで、開業手続き等も同時に行って貰うことも出来ます。税理士が他の専門家と連携を図り、個々で専門分野としている専門家が行うので、問題なく開業手続きを済ますことが可能で、法人の設立であればスムーズに定款の作成・公証人の認証・法人登記に至るまで完了します。

会社設立は専門的なことが多く、個人で進めていくのはとても難しいです。税理士等への依頼を行うことで効率的に開業手続きを行うことが出来ます。

会社設立段階から税理士への依頼を行うことで、一緒に会社設立することが出来て、専門的な知識を聞きながら行えるのです。税理士が会社の設立から関与していれば、会社全体を把握して貰えるので、会計業務や税務業務において、損をしないように注意して進めていけます。

会社設立という専門知識を必要とする場面で依頼を行えば、安心して会社を設立することが出来ますし、自分は本業に集中することが可能ですので、会社をスタートするにあたっては、複雑な手続きを個人で行う必要が無くなり、本業に必要な開業準備を徹底することが出来ます。

税理士に依頼するタイミングはいつでもいい

税理士に依頼するタイミングはいつでもいい

基本的に税理士に依頼を行うタイミングはいつでも良く、出来る限り早い方が良いです。費用がかかる以外にはデメリットはないので、積極的に依頼していくことが大切と言えます。

ですが、決算月や確定申告直前での依頼を行うと、1年間分の費用がかかったり、急いで行うことによって節税対策が十分に出来ないことも多く、注意が必要と言えます。事前に書類の整理をして、余裕を持って依頼を行うことで、税理士も節税対策等を十分にすることが出来るのです。

一般的に法人は手続きが多く、会計業務や税務業務も複雑になります。法人化のタイミングで依頼を行うことで、複雑なものを簡単に説明して貰いながら進めていけるので便利です。

ただ、その中にもスタートアップ企業から事業が安定するまでは、コスト負担の面から依頼を見送りたいという方もいます。そんな時には、依頼するタイミングについて考える必要があるのです。

利益が上がらない場合に税理士に相談すれば、財務的な視点で具体的に考えて貰うことが出来て、改善策を提案してくれます。税理士に相談しながら財務的に考えていけば、少しずつ利益を上げていくことが出来るのです。

所得税の確定申告をする際には、白色申告から青色申告に切り替える場合や、基準期間における課税売上高が1,000万円を超えて消費税の納税義務者になった場合等にも、会計や税務処理が複雑になり専門的知識が必要なので、税理士に依頼することで安心して申告することが可能です。

まとめ

今回は、スタートアップ企業はいつから税理士に依頼すれば良いか?について解説していきます。

スタートアップ企業は、本業が軌道に乗ってから税理士に依頼することで、費用が負担になることなく依頼することが出来ます。ですが、開業初期から依頼を行うことで、会計処理方法等について一緒に決めていくことが可能なので、長期的に見れば開業初期からの依頼が理想です。

『事業計画書』をより具体的に作成することで資金調達も優位に進めることが出来ます。税理士がついていれば、財務数値を利用して現実的に考えていけるので、信頼性が高まるのです。

会社設立段階から依頼をすると、開業手続きも一緒に進めていくことが出来ます。税理士のネットワークを利用することで、法人であれば定款の作成・公証人の認証・設立登記等を、スムーズに行うことが可能なのです。

基本的に税理士への依頼を行うタイミングは早ければいつでも良く、積極的に依頼していくことが大切と言えます。余裕を持って資料整理等の準備を行い依頼することで、長期的にメリットを享受していくことが可能です。

スターアップ企業は事業を安定させることに集中することが大切ですが、会計業務や税務業務がある場合には、手が回らなくなりがちです。税理士への依頼を行えば、会計業務や税務業務を安心して任せることが出来るので、本業に集中していけます。

専門家への相談を行いながら、経営分析をして経営計画を立てていくことで、行動指針とすることが出来て、経営を効率的にすることが可能ですので、積極的に行うことが大切と言えます。

今回ご紹介した内容が、スタートアップ企業はいつから税理士に依頼すれば良いか?に関する知識の一助となれば幸いです。

WEBプロジェクト推進部

WEBプロジェクト推進部

税理士法人 創新會計【WEBプロジェクト推進部】は、現役の会計士、税理士が税務・会計に関する情報、ノウハウ、お役立ち情報を発信しております。

関連記事