税務お役立ち情報

税務顧問とは?業務内容や役割について解説

税金の納付にあたり、資料整理・会計処理・決算書の作成等が必要になります。申請や申告等、税金に関することは手続きが多く、専門的知識を有していない場合には、適正に処理していくことが難しいです。

経費の計上等を適切に行っていくことにより、節税をすることが出来ます。ですが、節税について理解していなければ、誤った税務処理をしてしまうことにも繋がりかねません。

虚偽のある申告を行えば、後に追徴課税等を支払うことになります。節税をして適切な申告をする為には、専門的知識を有している税理士の協力が必要です。

税務顧問を依頼している場合には、会計業務や税務業務を安心して任せることが出来ます。税務顧問は、メリットが沢山あるのです。

そこで今回は、税務顧問とはなにか、メリットとともにご紹介していきます。

税務顧問とは

税務顧問とは

税務顧問とは、継続的に税理士と会計業務や税務業務について、年間契約等を結ぶことです。

事業を行っている場合には、多様な税金を納める必要があり、税金の申告は期限内に行わなければいけません。どの税金をいつまでにどのような手続きにより納税すれば良いのか全体を把握することは、難しいと言えます。

税金の計算には、資料整理・会計処理・決算書作成等の専門的な業務が伴うので、事業を行いながら、会計業務や税務業務を遂行することは大変です。

そこで、専門的知識を有している税理士に継続的に依頼することで、効率的に会計業務や税務業務を行うことが出来ます。

契約すると得られるメリット

契約すると得られるメリット

確定申告だけ等、単発的に依頼することも可能ですが、顧問契約により継続的に依頼することによるメリットは沢山あるのです。

単発的な依頼には税務申告等がありますが、短期的であり、基本的に依頼をしている業務しか行って貰うことが出来ません。

顧問契約によれば、依頼をしているサービスの提供だけではなく、総合的なサービスを受けることが出来て、心配なことがあれば相談できるというのが心強いです。

以下では、契約すると得られるメリットを解説していきます。

専門的アドバイス

専門的アドバイスをして貰えるのは単発の依頼でも同様ですが、継続的に行っていることで申告する税金の種類や期限、それに伴う会計業務等の全容が理解できるようになってきます。

全容を把握することで、会計や税務処理の不安が解消され、専門的なことが理解できるようになり、高度なアドバイスをしてもらうことも出来るのです。

また、新たな制度により優遇されることがあれば、内容や手続きについて説明を受けられます。常に新しい情報を得れるように、アンテナを張っている税理士だから可能なことなのです。

経営分析

日常的に会計業務等を行っていれば、通常の会計処理は定常的になっていきます。定常業務を把握することが出来れば、様々な分析を行っていくことが可能となり、計画に活かしていくことが出来るのです。

財務的に分析を行うことは、企業の安全性や収益性等を理解することにとても有効と言えます。経営分析は、結果を把握して次の計画に活かしていくことで、科学的に会計を活かしていくことが出来るのです。

税理士は様々な業種を顧問先としていることも多く、同業他社との分析をしてくれます。同業他社での分析は業界の状況を反映しているので、自分の経営が同業他社と比較して安全なのか等、より実践的な分析をすることが可能です。

信頼関係の構築

継続的な依頼により信頼関係を構築することが出来ます。税理士は経営に関する強力なアドバイスを税務や会計の視点から行ってくれるのです。経営のパートナーとなるため、相性や関係性はとても大切と言えます。

信頼できる税理士と良好な関係を築いていくことが出来れば、より効率的な経営を行っていくことが可能です。信頼は短期で構築できるものではなく長期的に構築されるので、顧問契約にすることが重要と言えます。

税務顧問の主な業務範囲

税務顧問の主な業務範囲

税務顧問を依頼することで、会計業務や税務業務について総合的なサービスを受けることが出来て、受けられるサービスの内容は多岐に渡ります。

税務顧問は、税金に関して分からないことを気軽に相談できることが優れており、日々の業務から信頼を築けていけば、業務に適合した経営プラン等を提案して貰えることも有るのです。

以下ではその中でも主な業務範囲として、独占業務・記帳代行、巡回監査・経営報告について解説していきます。

独占業務

税理士の資格を有していなければ行えない業務に、独占業務があります。独占業務とは税務代理・税務書類の作成・税務相談です。

税務は専門的で複雑な『申請書』や『申告書』の作成・申請・申告を行うことが多く、税理士は代理で作成・申請・申告することが出来るので、自分で作成する必要が無くなります。

他にも税務に関して分からないことがあれば、相談することが出来るのです。税理士の資格を有していない場合には、無償でも税理士法違反になるので、税理士に依頼することで安心してアドバイスを受けることが出来ます。

記帳代行、巡回監査

税務の申告を行う場合には『決算書』を作成する必要があり、その為には、日々領収証等に基づき、会計処理をしなければなりません。ですが、一定のルールに従い行わなければならず、税理士に依頼することで会計処理について質問したり、記帳を代行して貰えるのです。

自分で行える場合には、巡回して間違いが無いか確認して貰うことも出来ます。専門家に定期的に見て貰えることで、安心して会計業務を進めていくことが可能です。

経営報告

会計処理を行った結果どのような経営状況にあるのか、毎月経営報告して貰えます。

毎月会計処理を行っていることで、業務の内容を税理士が把握することが出来て、経営アドバイスを受けたり、詳細な経営分析をして貰うことも可能です。

単発的な依頼では詳細な業務内容を把握することが難しく、適切なアドバイスが出来ないことも有り、税務顧問によることが重要と言えます。

まとめ

今回は、税務顧問とはなにか、メリットとともにご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

税務顧問は、継続的に会計業務や税務業務を依頼し、税理士と長期的な契約を結ぶことです。長期的に契約を行うことで、メリットを享受することが出来ます。

長期に渡り会計処理をしていくことで、経営分析をすることが出来るようになり、財務の視点から専門的なアドバイスを受けられ、コミュニケーションで信頼関係を構築することも可能です。

税務顧問としての主な業務には、独占業務・記帳代行、巡回監査・経営報告があります。

独占業務は、有償無償問わず税理士の資格を有している人しか行うことが出来ません。税務代理・税務書類の作成・税務相談が独占業務にあたりますが、これ等は税金のスペシャリストだからこそ許されていることですので、税理士に依頼することの主たる業務と言えます。

税金の申告をする為には会計業務を伴うことも多く、記帳を代行してくれたり、巡回して監査して貰うことも可能です。定期的に見て貰えることで安心して会計業務を進めていくことが出来るようになります。

また、記帳代行や巡回監査の結果どのような経営状況にあるのか、報告を受けることが出来て、詳細な業務内容を把握して貰えることも可能です。

このように、顧問税理士がいることで税務や会計業務を効率的に安心して行えます。長期的な依頼で信頼関係を築き上げることで、経営の強力なパートナーにしていくことが出来るのです。

今回ご紹介した内容が、税務顧問とメリットに関する理解の一助となれば幸いです。

関連記事