税務お役立ち情報

毎年大変な確定申告が楽になる押さえておきたいポイント

確定申告は毎年する必要があるので、出来る限り楽に行いたいところです。楽に行うと言っても、正確に計算をしなければなりません。確定申告には専門性が伴うので、どのように楽にしていくかが大切と言えます。

確定申告直前に行うことは、大変になる原因です。1年間分の『領収書』や『各種証明書』を整理して会計処理することは、容易ではありません。

楽して行うためには余裕を持って計画的に行うことです。1年間を通じて日々準備していく必要があります。取引をした日に書類整理を行い、会計処理しておくことが大切です。

忘れないうちに書類の整理と会計処理を行っておけば、いつどのような取引を行ったのかが分かります。日々適切に記録を行うことで、確定申告を円滑に進めていくことが可能です。

今回は、毎年大変な確定申告が楽になる押さえておきたいポイントについて解説していきます。

確定申告とは

1月1日~12月31日までの所得について、申告することです。原則として、翌年2月16日~3月15日までに税務署に提出します。会社にサラリーマンとして勤めている場合には源泉徴収されるので、通常確定申告の必要はありません。

ですが、給与が2,000万円を超えている場合や、給与所得があり給与所得・退職所得以外の所得が20万円を超えている場合等は、確定申告をします。

また、その年に死亡した人がいる場合には、相続の開始があったことを知った日から4カ月以内に申告する必要があり、これを『準確定申告』と言います。

確定申告には白色申告と青色申告があり、青色申告のほうが複式簿記による帳簿付けや『青色申告決算書』等を作成する必要があるため大変です。ですが、青色申告特別控除として65万円の控除が出来るなどのメリットが多いのが特徴と言えます。

確定申告を楽にする方法

確定申告は1年間の所得を確定させて適切に納税していくためにとても大切です。複雑で難しく感じる確定申告をいかにして楽に行っていくかが重要と言えます。楽に確定申告するためには、その方法を知っている必要があるのです。

以下では、確定申告を楽にする方法について解説していきます。

領収書、各種証明書をまとめておく

『領収書』や『各種証明書』は、確定申告の際の経費の証明等で必要な書類です。必要なのか迷ったらとりあえず保管しておくことが大切と言えます。

また、日付ごとや種類ごとにまとめておくことが重要です。まとめておかなかった場合には、忙しい確定申告前に1年間分をまとめることになります。取引量が多い場合にはとても大変な作業なので、日々まとめておくこと必要があるのです。

何を何のために購入したのか等メモを忘れない

何を何のために購入したのかなどメモをしていない場合には、いつどのような取引を行ったのかが分かりません。会計に詳しくない方からしてみたら、『領収書』や『各種証明書』から取引を推定するのは難しいです。

自分の分かりやすいようにメモしておくことが大切と言えます。税務調査の場合にも説明ができることが大切です。帳簿を揃えておくことは必要ですが、それ以外に分かるようにしておくというのはとても大切なことと言えます。

もし税理士等に確定申告を依頼する場合にも、いつどのような取引をしたのか聞かれます。分からない場合には経費として計上できないこともありますので、注意が必要です。

家計按分を毎月処理し決めておく

家計按分では、プライベートで使っている分を経費にいれないように、適正に処理します。

日々の生活の中で按分割合を合理的に算定して決めておくことが重要です。人に説明できるように時間等の客観的な数字を基準に算定することがポイントと言えます。

家計按分は恣意性の介入する余地がありますので、税務調査等でも調べられるのです。後に追徴課税されることのないように注意して按分割合を決めておく必要があります。

勘定科目に決まりはないので自分が管理しやすい科目を選定する

勘定科目は決まっているのではないかと考えがちですが、実際に決まりはありません。管理しやすく分かりやすい勘定科目で利用していくことが大切です。

最終的には、白色申告なら『収支内訳書』、青色申告なら『青色申告決算書』等に記入します。それらの書類に記入する場合には、基本的に適切な勘定科目によることが必要です。

『収支内訳書』や『青色申告決算書』等に記入することを想定して、勘定科目を選定することが重要と言えます。

確定申告の支援ツールを利用してみよう

確定申告を支援してくれるツールを利用することも確定申告を楽にする方法です。日々の帳簿付けから電子申告までを支援ツールで行い、確定申告を終わらせることも出来ます。

会計や税務は専門性を伴いますが、支援ツールを利用すれば会計や税務の知識がなくても帳簿付けを行うことが可能です。

支援ツールを利用して会計処理をした内容が間違っていないか等は、理解できるようにしていく必要はあります。ですが、楽に確定申告を行っていくためには大切と言えるのです。

確定申告を楽にするポイントは”事前準備”にかかっている

確定申告は事前準備にかかっています。2月16日~3月15日という提出期限が迫ってから準備を行うのでは遅いです。期限がない状況で準備を行うのは焦ってしまい、適切に会計処理するのは大変と言えます。

1年間を通じて確定申告のことを想定し、余裕を持って準備していくことが確定申告を楽に済ませる上ではとても重要です。

確定申告は、所得税を公平に納付するために必要な計算ですので、雑に行うことは出来ません。ですが、余裕を持って行えば計画的に楽に進めていくことが可能なのです。

まとめ

今回は、毎年大変な確定申告が楽になる押さえておきたいポイントをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

確定申告は1月1日~12月31日までの期間の所得を、2月16日~3月15日までに申告します。楽に申告するためにはより計画的に正確に行うことが大切です。

闇雲に行うことは後に大変な会計処理をすることになるので、『領収書』や『各種証明書』を日付ごとや種類ごとにまとめておく必要があります。領収書などをもとに適正な会計処理を行うのが重要です。

『領収書』や『各種証明書』だけでは、何のために購入したのか分からないこともあります。内容を自分が理解できるようにメモしておくことが大切です。

家計按分割合を時間等の客観的数字を利用して決めておきます。家計按分は恣意性の介入余地がありますので、人に計算できるように正確に計算して経費に算入する必要があるのです。

勘定科目は一般に決まりはありません。自分が分かりやすく忘れない勘定科目を利用することが大切と言えます。確定申告において白色申告なら『収支内訳書』、青色申告なら『青色申告決算書』等に記載するので、勘定科目を参考にすると良いです。

最近では確定申告を支援してくれるツールがあります。ツールを利用することで、会計が分からなくても簡単に会計処理を行うことが出来るのです。日々の会計処理から電子申告に至るまでを行えるので、便利なツールと言えます。

確定申告期限である2月16日~3月15日に近づいてからでは、焦ってしまい正確な会計処理を行うのは大変です。楽に行うためには余裕を持って行っていく必要があります。

『領収書』や『各種証明書』を日々整理しておき、会計処理を計画的に行っていくことで年間を通じて効率的に楽に進めていくこともできるのです。

確定申告は、所得税の知識や簿記に関する知識を必要とします。専門性が必要なので、税理士などに依頼することで確定申告を楽に行うことができるのです。

税理士に依頼する場合にも、事前に書類等を準備しておき、早めに申告することが大切と言えます。余裕のある依頼で節税も適切に行っていくことが可能です。

今回ご紹介した内容が、確定申告が楽になるためのポイントに関する理解の一助となれば幸いです。

関連記事