税務お役立ち情報

税理士に依頼するタイミングはいつ?

事業を開始して、税理士に依頼した方が良いのか悩む方は多いです。税理士という名前は聞いたことがあるけど、どのようなことをしてくれるのか知らなければ、依頼する重要性が分かりません。そもそも事業を開始して何を行うのかが分からなければ、税理士が必要なのかを判断することが出来ないのです。税理士を依頼する必要性を把握して、依頼すべきか否かを決定する必要があります。

売上や課税所得がないのにも関わらず税理士を依頼することは費用を払うだけになってしまうと考える方も多いです。では、どれくらいになったら依頼するべきなのか、依頼するべき時期について基準を知っておくことが重要と言えます。また、法人を設置する際には複雑な申請や申告が伴うので、専門的知識が必要であり、依頼するには最適なタイミングです。

依頼する場合にも、資料を整理して出来る限り早めの依頼をしなければ、決算などが迫っている場合、適切な節税を行えないこともあります。依頼する最適なタイミングも知っていなければ、円滑な依頼を行うことが出来ないのです。

今回は、税理士に依頼するタイミングはいつなのかについて具体的に解説していきます。

そもそもなぜ税理士が必要なのか

税理士は税務や会計をサービスとして提供しています。税務や会計は複雑なので専門性が必要です。会社を設立して業務を行っていく際に、税務や会計について調べていては、業務に集中できないことも考えられます。

また、税金の申請や申告は期限などが決まっているので、適切なタイミングで行わなくてはなりません。損をしてしまったり、後に税務調査が入ることも考えられます。多額の税金の支払いを命じられてからでは遅いのです。

税務調査がもし入っても焦ることはありません。税理士のもとに連絡が入り、立ち会って貰えます。専門的見地から話をしてくれるので、日々適切に会計処理していることを伝えて貰えて、とても安心感があり頼りになる存在です。

税理士は専門家ですから、税務の手続きを任せられますし、日々の会計業務などを通じて経営のサポートを具体的な数字で行ってくれます。また、節税など事業において損をしないように提案してくれるので、安心して業務に臨んでいくことが出来るのです。

税理士に依頼するタイミングは?

税理士に依頼するタイミングとしては、売り上げや課税所得を基準に考えます。また、法人成りと言って個人事業主が法人になる際もタイミングとしてはベストです。

適切なタイミングで依頼していければ、事務手続きを減らしていけるだけでなく、会計処理や節税を行いながら経営について分析をしていくことも出来ます。安心して事業を行っていくためにも費用が負担にならない程度の収入になったら、積極的に依頼していくことが大切です。

以下では、売上や課税所得の依頼するべき金額について解説していきます。

売上金額がどの程度で税理士に依頼したら良いか

売上金額は1,000万円がひとつの基準です。前々年の売上が1,000万円を超えた場合には、課税事業者ですので、消費税について考慮する必要があります。

会計処理が複雑になりますし、簡易課税制度の承認を申請したり、適切な方法によらないと損をしてしまうことに繋がります。税理士に依頼し適切な方法を選択するとともに知識を獲得していくことが重要です。

課税所得はどのくらいになったら税理士に依頼すれば良いか

所得税は累進課税により、課税される所得が増えれば増えるだけ税率も上がります。一般的には課税所得としては695万円超くらいが基準です。

収入としてもある程度あり、税理士に依頼して専門的知識を教えて貰いながら、節税について考えていくタイミングと言えます。実際には超えないくらいから先を見て依頼するのが望ましいです。

税率の切り替わる課税所得がタイミングですので、出来れば課税所得別に所得税の税率を自分の課税所得と照らし合わせて見てみると分かりやすいと言えます。

法人成りのタイミング

法人になるためには、複雑な手続きを必要とします。調べながら自分で行っていくことは、多くの時間を要するのです。大切な取引機会を逃したり事業に影響を及ぼすことは出来る限り避けていく必要があります。

法人成りするには、定款の作成、公証人の認証、法人登記等を行わなくてはなりません。また、法人税の申告や法人住民税の納税、それに伴う『財務諸表』の作成など、専門的知識を必要とすることばかりです。

誤った手続きや申告をしてしまう前に、法人成りのタイミングで専門家と一緒に進めていくことで、安心して事業を行っていくことが出来ます。

税理士に依頼する時期にも気をつけよう

税理士に依頼する際には、時期にも注意です。

期の途中での依頼や決算前での依頼は報酬額が想定より高くなってしまったり、節税が十分に出来なくなる可能性があるので、要注意と言えるでしょう。

以下では、期の途中や決算直前での依頼について解説していきます。

期の途中の依頼は年間費用を考慮しよう

期の途中で依頼する場合でも、1年間分の報酬が取られることもあります。これは、自分で会計処理を行っていた期間が適切に行われているかが分からないので、チェックしながら適切な会計処理に直していく必要があるためです。

依頼した時期から支払えば良いと考えていると高額に感じてしまうかもしれませんし、出来る限り早めに依頼することが大切と言えます。

決算直前は節税対策が不十分になってしまう可能性が高い

決算直前での依頼は、期の途中で依頼した際の1年間の報酬が取られる可能性に加えて、期限が伴います。決算作業なども行わなければいけません。そのため急いで会計処理をしていくことになるので、節税について考慮している時間がないことも事実です。

『領収証』等を日頃から整理していない状況で、取引内容をまとめていなければ尚更でしょう。1年間分の資料整理や仕訳などは、取引量が多ければ多いほど想像以上に時間がかかります。日頃から資料を整理して分かりやすいようにまとめて、税理士に依頼する必要があるのです。

まとめ

今回は、税理士に依頼するタイミングはいつなのかについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

税理士に依頼するタイミングとしては、売上や課税所得で決めることも考えられます。売上は消費税が関係してくる1,000万円が基準です。課税所得で考える場合には、695万円超が所得税の累進課税の税率の変わり目であり、一定の収入もあるので、最適なタイミングと言えます。

また法人成りする場合には、定款の作成・公証人の認証・法人登記等の様々なそして複雑な手続きが必要です。法人税の申告・法人住民税の納税、それに伴う『財務諸表』の作成なども行う必要が出てくるので、税理士に依頼することが賢明と言えます。

期の途中で依頼する場合には、1年間の会計処理を行いチェックする必要があるので、遡及して1年間の報酬を支払うことがあります。また、決算前での依頼はそれに加えて十分な節税対策が出来ない場合もあるので注意が必要です。

決算前での依頼だと、『領収証』の資料整理等が終わっていない場合には、資料整理から始まり仕訳や決算手続きを急いで行わなくてはいけません。1年間の資料整理だけでもいつの資料か分からなくなったりして時間を要してしまうのです。

資料整理を日々行いながら、いつ何を行った際の資料なのかは分かるようにして、出来る限り早めに依頼していくことが大切と言えます。事前に資料整理等をしていれば、税理士も余裕を持って経営について考えながら適切な手続きを行い、節税対策などを十分に行ってくれます。

今回ご紹介した内容が、税理士に依頼するタイミングはいつなのかの理解の一助となれば幸いです。

関連記事