税務お役立ち情報

税理士法人の選び方と押さえたいポイントを解説!

税理士法人は会計事務所と異なり、代表税理士と社員の税理士がいる形態です。業務は同じですが、支店を設けることができるので、比較的大きな事務所である傾向があります。

税務や会計等に関して依頼する際に、税理士法人という存在はとても重要です。税理士法人に依頼することが出来れば、税務面は任せて安心していられます。自身の業務に集中することが出来ますし、信頼できる税理士法人に依頼することが業務を円滑に進める上でとても大切です。

税理士法人を選ぶポイントを押さえていれば、良質なサービスを提供してくれる税理法人を選ぶことが出来ます。適切な料金設定になっているか、対応のレスポンスの良し悪し、品質等をチェックしていくことがポイントです。

節税については税理士法人が適切な知識を持っていることが必要と言えます。節税を行っていければ資金面において余裕が出てくるのです。大切な事業の運営資金を節税していくことで事業展開に繋げていけます。

税理士法人は経営者の経営方針などが、業務に反映されているのです。自分の考え方と同じ方向性を向いているか相性もチェックしていくことが需要と言えるでしょう。

今回は、失敗しない税理士法人の選び方や押さえたいポイントを解説していきます。

税理士法人を選ぶポイント

税理士法人を選ぶポイント

税理士法人に依頼したことのない方は、選択基準が分かりません。税務や会計は業務を数字として具体的に表現しているとても大切な情報ですので、選択は慎重に行う必要があります。

適切に税理士法人を選択することが出来れば、税務や会計に関して強力な経営のサポートをしてくれるのです。自社の経営における問題を知る機会を得ることもできるでしょう。

税理士法人を選ぶポイントはいくつかあります。そのポイントをしっかり押さえて相性の良い税理士法人を選択することが重要です。

以下では、具体的な税理士法人を選ぶポイントを解説していきます。

どんぶり勘定な料金設定になっていないか

税理士法人はさまざまな業務を行っており、税務や会計においてすべての業務を総合して月々請求していることが多いです。

ですが、実際には業務1つ1つを行っている為、詳細に金額設定がされているところを選択することが大切と言えます。そうすることで、サービスに対する対価として適切な料金を支払っていけるのです。

レスポンスがあまりないのにも関わらず、月々一定の料金を請求されている場合、適切な料金設定とは言えません。サービスを受けた時に支払いを行うのが適切な料金設定です。

料金設定がどのようになっているかを事前に確認してみることが大切でしょう。徐々に金額が増えていった場合、断りづらくなってしまうことも想定できます。依頼する前に確認しておくことで、料金を気にすることなく安心して継続的に依頼していくことが可能です。

対応のレスポンスが良いか悪いか

質問をした際にレスポンスが良いかもポイントの1つと言えます。会計や税務に関しては複雑なことが多いので、お互いに協力し質問しながら行っていくことが多いです。直ぐに応答してくれると安心して業務を進めていけます。

なかなか返答がなければ頼れる人がいない場合、心配になってしまいます。問題が解決せず溜まっていってしまうと、大きな問題につながりかねません。細かい疑問にも真摯に受け答えをしてくれる税理士法人を選択する必要があるのです。

良質なサービスを提供してくれる税理士法人であれば、話の中から潜在的なニーズにも気付いてくれます。潜在的なニーズに対応するサービスを提案してくれる税理法人に依頼できれば、さらに経営が良い方向に向かっていくことが想定できるでしょう。

節税に関して正当な知識を持っているか

節税は税理士法人に依頼する際に大切な項目です。税金が安く済めば事業で活用していけるので、事業に直接影響を及ぼします。

事業における運営資金は比較的多額であることが多いので、細かい節税の積み重ねで大きな金額となることも想定できます。その際に税理士法人が節税に関して正当な知識を持っていると頼もしいです。

節税は適切な知識を持っていなければ、後から多額な税金の納税を迫られる危険もあります。想定していない税金の納税案内がくることで焦らないためにも、税に関して詳しい税理士法人に依頼する必要があるのです。

税理士の対応品質もチェックを

税理士の対応品質もチェックを

実際に自社の要求しているサービスを提供してくれるかが重要と言えます。意思の疎通が適切に図れて、質問や疑問に応えてくれることが大切です。分からないことに関して分かりやすく丁寧に説明してくれる税理士法人を選択する必要があるでしょう。

しっかりと資格を保有した専門的知識を有している税理士に見てもらえるかもポイントです。

直接対応してくれるのが資格を保有していない職員であったとしても、しっかり税理士法人の中で意思の疎通が図れて、確認が取れているかをチェックしていくことが重要と言えます。担当職員が単独で判断していると、間違ったことになりかねませんので注意が必要です。

積極的に必要なサービスを提案してくれたり、問題を見付けて改善策を教えてくれたりする場合には、とても質の良いサービスと言えます。

言った要求にしか応えてくれないのではなく、税理士法人側からアクションを起こしてくるサービスの姿勢の場合には、安心して任せられるでしょう。

経営者と税理士の相性

経営者と税理士の相性

経営者と税理士の相性というのはとても大切です。経営者と税理士というのは経営を行う上でのパートナーと言えます。税務は勿論、会計や経営に関することまで深く関わり合い、どのように進めていくかを検討することになるのです。

相性が良くない税理士に依頼してしまうと、お互いに思うように業務が進みません。同じ方向を向いていける税理士に依頼することで効率的な業務が実現できるのです。

一緒に相談をしながら経営を補助してもらいたい方にとって、形式的なサービスだけでは物足りないと言えます。経営者の潜在的なニーズに応えようとしてくれるような積極的な姿勢の税理士法人がおすすめです。

まとめ

今回は、失敗しない税理法人の選び方や押さえたいポイントを解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

税理士法人は税務や会計などのサービスを総合的に提供することが多く、料金設定が曖昧になりがちです。レスポンスがあまりないのに同じ料金を取られる場合には、不満につながります。料金設定が詳細になされていて、レスポンスも良い税理士法人を選択することが重要です。

節税に関しては適切な知識がなければ、後で多額の税金を納めることに繋がりかねません。専門的知識を兼ね備えている税理士法人であれば、日々節税のことも考えてくれるので、頼もしいと言えます。自社の要求していることを反映したサービスを提供してくれる税理士法人は信頼できるのです。意思の疎通が図れて質問や疑問に応えてくれると安心できるでしょう。

経営者と税理士は経営のパートナーです。同じ方向を向いて経営をサポートしてくれる相性の良い税理士法人に依頼していくことが重要と言えます。良好な関係を築きあげて税務や会計を円滑に進め、経営を効率化していけることが大切です。

要求に応えてくれていたとしても、言ったことに対応してくれるだけでは不十分なこともあります。税理士法人側から積極的に提案をしてくれることが重要です。

ポイントを押さえて選べば、良質なサービスを提供してくれる税理士法人に出会えます。お互いに成長していける税理士法人を選ぶことが最善の選択と言えるでしょう。

今回ご紹介した内容が、失敗しない税理法人の選び方や押さえたいポイントに関する知識の一助となれば幸いです。

関連記事