BUSSINESS SUCCESSION

相続・事業承継

相続を争族にしないために

年間 7,000 件超!!この数字が何を示すかお判りでしょうか。
令和2年、相続が争族(裁判)に発展した統計件数です。 実に、一日 20 件もの争続が親族間で起きている計算です。
「争う程度の相続財産なんてないない」 「うちの家族は仲がいいから大丈夫」 等と思っていませんか。

そんなことはありません。 実際、争族(裁判)に発展したケースで、残された財産(遺産総額)が 5,000 万円以下の割合は75%にものぼります。
我々も多くの相続をお手伝いさせて頂きましたが、対策なくしてハッピーエンドとなった 案件は皆無に近いです。
相続が争族になり、暴争族になったケースも目の当たりにしてきました。 原因は、事前に対策を講じなかったからに他なりません。

対策として
① 相続に対する基礎知識を親族全員で学ぶ
② 財産創造者の想いを共有する
③ 何度も話し合い、「一人欲」に囚われず「全員欲(良く)」を追求する
④ 生前に財産を整理する

私達がトータル支援いたします。

事業承継

相続税発生の有無に関わらず、経営者を悩ますものの一つが事業承継です。
結論から申し上げれば、事業承継とは「創業者の想い」「理念、ビジョン」「社員の生活保障」 そして「大切なお客様」を継承すること
です。その上で、会社の株や財産・債務、税金等の お金に纏わる問題を考えるべきなのです。
しかしながら、昨今は損得カネ勘定から事業承継を始めてしまうことが多く、最終的には創業者と、あるいは承継候補者同士で揉めてし
まうケースが頻発しております。
私達は、承継者の器、考え方、腹の括り様がどのレベルであるのか、経営的視点で問診し、 円満かつ強固な事業承継のお手伝いをいたし
ます。もちろん、株価の算定や継承者をサポートする取締役陣のヒアリング等も同時進行で行わせて頂きます。