中村義人の一言ゼミナール

社会人のための監査論 ―会計監査はどのように役立つか―  第115回 監査の道

 第一次世界大戦後、日本の企業は市場独占化と設備投資の拡大に走り、また不況に伴い経営の能率について議論されるようになりました。満鉄においてもこれらは例外ではなく、技術委員会に能率班ができ、能率の向上に取り組みました。当時の山崎文書課員(大正5年入社)は能率策を起案して具体化し、大正14年に社長室に能率係が設置され、その重要性が認められるようになりました。翌年には工場職場で旧来の組長制度を廃してティラーの職能職長制を採用しました。ティラーは、今まで1人の職長がすべての管理機能を行っていたのを、職長の仕事を職能ごとに分化した職能別職長制度を提唱しました。満鉄においても、工場の職場は主任の下に工長、組長を置いて、組長は数十人の職工を統率して作業に従事し、工長がその数組を管理しましたが、各組長及び工長は作業の計画、準備、監督、検査、仕事の分配といったあらゆることを統括したため、その管理が不十分でありました。さらに、部下の監督指導に才能ある者は計画や仕事の統制に不得手であったり、など万能の者はおらず、そのためティラーの科学的管理法に準じて計画係、準備係、指導推進係、保守係といった職能職長制度を導入することにしました。それによって工事の進捗状態が改善され、完成期限の遅延が減少し、作業のまとまりもつくようになりました。この山崎文書課員は、その後文書課長、理事、副総裁などさまざまな役職を経験して、満鉄最後の総裁山崎基幹やまざき もとき(昭和20年5月就任)その人でした。満鉄は、昭和20年9月30日GHQ(連合国軍総司令部)から朝鮮銀行、台湾銀行、満州中央銀行などと共に閉鎖機関とされその業務を終了し、中国鉄路公司に引き渡されました。海外にあった会社、銀行などの閉鎖は1093件にも及びました。
 このように満鉄は、経営改革を何度も試みていますが、それは単純な経費節減を求めていたのではなく、昭和の時代に入ってからもティラーの科学的管理法をもとに、職制改革により、業務の効率化を引き続き図ることになります。仙石 貢せんごく みつぐ総裁(昭和4年就任、鉄道技師、元九州鉄道社長、鉄道大臣)の時は、「仙石イズム」といわれた業務の能率増進を社内に働きかけ、社内報に多くの論説を載せました。この時期は、昭和4年10月に起きた世界恐慌の影響や中国側の東支鉄道との競争などで、経営状況がかなり悪化しており、このような状況からも経営改革が引き続き必要とされたものと思われます。文書課長の山崎は、総裁室に書類を持っていき、案件の質問に応答すると、突然雷鳴がとどろき、こんな書類は持って行け、とやられたと述懐しています。  その当時の職制改革を見ますと、計画部には業務・技術・能率の3課が置かれ、業務課の職務は事業計画の立案・審査、事業管理の連絡統一、試験・研究項目の総括であり、技術課は事業計画の技術上の立案審査、規格統一、技術の連絡統一、そして能率課は能率増進、業務の改善に関する事項が担当であり、会社の経営改革が現場の職制に落とし込まれているのが分かります。
 満鉄に対する世界恐慌の影響は、新入社員の次の話しにも良く表れています。旅順工科大学を卒業して、大正14年満鉄に入社した福井道二社員の話しによれば、この当時は不景気で新入社員の採用も極端に制限しており、70名入社すればこれに相当する人数の整理があり、昭和5年の不況では、満鉄でも経費節減のため人件費の10%がカットされ、福井の仕事も鞍山あんざん製鉄所や撫順ぶじゅん炭鉱の構内運搬車の省力化が主要な任務で、アメリカの雑誌からヒントを得て、構内のトランスファーカー等各種車輌の改善をはかったそうです。(「史料 満鉄と満洲事変-山﨑元幹文書」出版記念資料展「我が人生八十年」福井道二 抜粋展示パネル 2012.2~3)

 このように幾多の困難はありましたが、満鉄の社員は事業の拡大と共に増え続け、昭和17年には日本人と中国人の社員、雇員合わせて30万人にも達しました。昭和62年の国鉄民営化前の職員が約40万人であったのと比べると、いかに満鉄の職員が多かったかが想像できます。かつては「私の父は満鉄で働いていました。」のような話しを良く聞きました。経営者では著名人も多く、昭和8年に国際連盟の会議で脱退の演説をした日本全権代表の松岡洋右まつおかようすけや戦後国鉄の総裁となり「新幹線の父」と呼ばれた十河信二そごう しんじなどは広く知られています。意外に知られていないのは、直立不動の姿勢で歌った歌手の東海林しょうじ太郎が大正12年に大連の満鉄本社庶務部調査課に入社して8年間勤務をしていたことです。彼は、同14年に「満洲に於ける産業組合」という著作を満鉄から発行しています。しかし、この書物は左翼的であるとして受け入れられず、さらに大連からはるか北方の鉄嶺てつれい市の図書館長に左遷させられ、また声楽家の妻とも別れ、音楽の夢も閉ざされ、傷心中に満鉄を退社しました。帰国してから、やっと音楽の道を歩みだします。そして、昭和9年「国境の町」が大ヒットします。(「国境の町―東海林太郎とその時代」菊池清麿 2006.12)
「故郷はなれて 遥々千里 なんで思いが とどこうぞ 遠いあの空 つくづく眺め
男泣きする 宵もある」(「国境の町」歌詞2番)

 また、今年9月発足した菅義偉すがよしひで内閣総理大臣の父親和三郎わさぶろうは、昭和16年頃に満鉄に入社して現地で終戦を迎えています。菅総理は、秋田県秋ノ宮村(現在の湯沢市秋ノ宮)の教員一家でイチゴ農家の長男として生まれました。和三郎は、引き揚げ後、郷里で「秋の宮いちご」のブランド化に成功して、いちご生産出荷組合長や町議会議員などを努つとめました。なお、同郷の経済人として菅 礼之助すが れいのすけ(1883-1971)がいます。礼之助は、古河鉱業を経て、石炭庁長官(吉田・片山内閣)、同和鉱業会長、東京電力会長などを歴任し、俳人としても有名です。(「影の権力者内閣官房長官菅義偉」松田賢弥 2006.1)
 菅総理の座右の銘は「意志あれば道あり」(https://ameblo.jp/suga-yoshihide/)ですが、米国16代大統領リンカーンも演説で次のような言葉を使っています。「Where there is a will, there is a way.(意志あるところに道あり)」。会計に関する言葉としては、オーストラリアの会計学者Raymond J. Chambersの「Wherever there is an economic problem, there is an accounting problem.(経済問題あるところには会計問題あり)」が思い出されます。

(参考資料)
「満鉄における鉄道業の展開 一効率性と収益性の視点より一 」 林采成 歴史と経済第220号 2013.7
「満鉄社員会の設立と活動 一会社経営への参画問題を中心に一」 平山勉  三田学会93巻2号 2000.7
「満鉄 知の集団の誕生と死」 小林英夫  吉川弘文館 1996
「満鉄王国 興亡の40年」 江上照彦  サンケイ出版 1981
「満鉄全史」 加藤聖文 講談社 2006

英文の満鉄ポスター
「ロンドンから東京まで船旅より安く早く、鉄道では2週間」とある。

現在の大連駅(昭和12年築)上野駅(昭和7年築)をモデルとした。

関連記事