お知らせ

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

新型コロナウイルス感染に振り回されて早2年。現在、世界ではその変異株「オミクロン株」感染の脅威に右往左往しているところです。ウイルスの脅威をはじめ戦争の脅威、凶悪犯罪の脅威、交通事故の脅威、企業間競争の脅威、そして人間関係の脅威などいつでもいかなるところにも様々な脅威が存在します。人間にとっての脅威は人類の宿命といえます。

われわれ事業家は、生きるため、企業の存続を図るため、これらの脅威を乗り越えていかなければなりません。そのためには人間として正しい道筋としての「生きる意味」を考え、これに基づいて、より善く生きていくことを実践していかなければなりません。

「正」は一に止まると書きます。企業の正しい経営は、「一」たる原点や原則を心に「止」めて真面目に一生懸命行っていくということです。その原点や原則の基点は、「何のためにわが社は存在するのか」という存在意義(価値)いわゆる会社のパーパスにあり、加えて思いやりのある利他の心と他にない強み(とんがり)を活かして、すばらしい製品やサービスを社会に提供していくことです。

本年も、皆様のゆるぎない「パーパス」を基軸にされて、環境に適応しつつ「とんがり」を磨いて、互いに助け合い、社員一体となって様々な脅威を乗り越えて無事成果を上げられますようご期待申し上げます。

皆様の益々のご発展を心よりお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせて頂きます。

令和4年正月

創新グループ 税理士法人創新會計
代表 高良 明

 

 

 

 

 

 

 

関連記事