ブログ

創新會計 SDGsの取り組みについてご報告!

皆さんは、SDGsについて、ご存知でしょうか。
最近よく目に触れるようになったカラフルなバッジや、テレビCM、雑誌などの記事で既にご存知の方も多いのでは?と思います。

改めて、SDGsとは?

【持続可能な開発目標SDGsエス・ディー・ジーズ

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

—(外務省HPより引用)

何故、いまSDGsなのでしょうか?

それは人間活動による地球温暖化、それによる永久凍土や氷河の減少、これによる海面上昇、異常気象や自然災害の増加、砂漠化など、地球環境が急速に悪化していることが世界で問題視されているからです。
さらに今後、人口の増加が進み、環境破壊だけでなく食糧危機や資源の奪い合いなどが起こりうるとの悲しい予測もあります。
「現状を変えなければいけない」と、世界中で共通の認識を持つようになったことで、国連での採択に繋がったものと思われます。
地球環境を改善し、地球も、そしてそこに暮らす人々も平和で幸せであり続け、持続しつづけるための分かりやすい目標として、SDGs(持続可能な開発目標)が設定されたのです。
この目標に取り組むのは、国、政府、自治体、教育機関、企業、市民・・・個人。つまりこの地球に暮らす人々、全員です。

世界中の人々が少しずつ力を合わせれば、それは大きな力になるに違いありません。
未来の子どもたちへ少しでも住みやすい環境を残すのは、今を生きる私達の責任です。

地球環境や社会環境に配慮し、従業員にとって働きやすい会社、そしてサステナブル(持続可能)な企業であるために、創新會計では自社で取り組むべき目標を検討しました。
1. 従業員の成長を促すべく研修の充実を図る
2. 事業中断を無くすべく、BCP(事業継続計画)の策定や事業承継の取り組み
3. 地域社会への貢献や、非営利団体への寄付活動
さらに、目標を具体的にするべく社内メンバーとも相談し、SDGsへ貢献していきたいと考えています。

すでに取り組んでいるものとしては、
環境に配慮した自動車(営業車)の導入、社内ゴミの徹底した分別、リサイクルなどがあります。

まだ、SDGsをご存知ない方もいらっしゃるかと思います。
創新會計がSDGsに取り組むことで、この世界的目標をより多くの方に知って頂けるきっかけになるかもしれません。
今後のSDGsへの取り組みについては、また社内ブログ等でお知らせしていきます。

 

関連記事